闘え!父ちゃん!

双子怪獣、年子怪獣との格闘の日々+α

世の中こんな人もいるのです

父ちゃんは子どもが好きです

看護師として働いていますが

保育士になりたい時期もありました

しかし自分の子ども好きなんて

たかが知れているということが分かりました

 

今日は母ちゃんが小さい頃から

お世話になっているお兄さんが

遊びにくる日でした

父ちゃんは結婚してから出会った方なのですが

この方の子ども好きが桁違いなのです

毎年双子怪獣、年子怪獣の誕生日前と

クリスマス前になると母ちゃんに

LINEが入り

「今年のプレゼントはどうしようか?」

と必ず聞かれます

こちらとしては、お金も掛かることなので

何度もお断りさせてもらっていますが

その方曰く

「子どもの喜ぶ姿を見る事が生きがいだから

断られるほうがつらい」

だそうです

こう言うと失礼だとは思いますが

赤の他人ですよ?

自分の兄弟の子どもでもなく

親戚の子どもでもなく

赤の他人の子どもです

それなのに毎年3回もプレゼントを

持ってきてくれるのです

しかもよく話を聞くと

我が家だけでなく色々なご家庭で

同じ様なことをしているみたいです

もう1つ驚いた話があるのですが

その方なんと子どもが好きすぎて

仲の良い方の子どものために

自分が仕事のない日は

ベビーシッターまでやっています

しかもそのためだけにアパートの一室を借りて

子どもが思いっきり遊べる環境を

整えてあるそうです

ベビーシッター代もタダみたいですよ、、、

いや、本当に凄くないですか?

普通だったらできませんよね?

 

 

今日はそんな子ども大好きなお兄さんが

来てくれたので

怪獣達も大喜びだったみたいです

その方怒りの感情はインストールされていないのか

ずーーっとニコニコ子ども達と接してくれます

本当に生きがいなんだと思います

最初は何か見返りを求めているのかと

疑問に思いましたが

そんな思いもすぐに無くなりました

こちらからの見返りなんて何も求めていません

本当に子どもが好きなだけなのです

父ちゃんはこの方を凄く尊敬しています

なかなか他人のためにこれだけできる人は

いないと思います

親が子どもを殺害したというニュースが

最近多くてとても残念です

そんな血も涙もない親もいれば

他人の子どものために

ここまでしてくれる方もいるのです

今日はこんなに子ども好きの素晴らしい方

がいるということをどうしても皆様にも

知ってもらいたくて記事にしました

世の中この方みたいな人が

たくさんいると悲しいニュースも

見なくて済むかもしれませんね

 

 


f:id:tarosanns:20181222212357j:image

今日もらったプレゼントです

ミニオンのクレーンゲームでした

子どもがケンカしないようにと

1人1つずつ貰いましたw

いかに凄いかが伝わると思います、、、

 

 

終わり