闘え!父ちゃん!

双子怪獣、年子怪獣との格闘の日々+α

10年の中で、今回の研修が1番いらないと思いました

2月に入り、職場の研修会がありました

当院では定期的に研修会や勉強会があります

本日も研修会が開催されたのですが

間違いなく今までで1番必要なかった

研修だと思います、、

皆様は看護師の研修と言われたら

どんなテーマを思い浮かべますか?

「病気」「治療」「薬」など

医療に関するものだと思います

その通りなのです!

研修のほとんどは医療に関するものです

では今回父ちゃんが

絶対に必要ないと思った

研修のテーマは何だったかを教えます

ずばり!!

「刺又」

です、、

 

刺又とは

「刺又」は「さすまた」と呼びます

皆様は見たことや使ったことが

あるでしょうか?

父ちゃんは見たことはありましたが

使ったことはありませんでした

いや、普通使わないですよ、、

 

軽量 さすまた 伸縮式 サスマタ 1.2?2.0m 強化モデル 杈

これが刺又です!

U字型の部分で相手の動きを抑制し

捕らえるための道具です

調べる気にもならないので

よく分かりませんが

これを頻繁に使うのって

警察官くらいでしょうか、、?

こんな物騒な物を看護師が持っていたら

絶対おかしいですよね!!笑

 

「刺又」の研修後に思うこと

何故「刺又」の研修があったのでしょう?

研修の冒頭でこうありました

「不審者」に対応しなければならない!

いや、それはそうなんですが、、

「不審者」に注意しましょう!

とドヤ顔で「刺又」の研修を開催する

当院に疑問を覚えます、、

そもそも「不審者」が入棟出来ない様に

セキュリティを強化するべきなのでは?

と思います

当院のセキュリティはビックリするほど

低レベルです、、

面会時間は10時~19時までとなっていますが

24時間お構い無しで面会人が来ます、、

正面玄関にガードマンが立っていますが

(ガードマンの平均年齢は70歳くらいですw)

酔っぱらいの一般男性が

病棟にやってくることがあります、、

不振電話に注意してくださいという事務員が

誰かも確認せず病棟に電話を回したら

不振電話だったなんてこともあります、、

 

まずはそこでしょう!!??

 

職員に「刺又」の研修なんて

開催している場合じゃないですよ、、

そんな誰でも入ってこれる病院なんて

安心して入院できませんから!!

正面玄関で止めてもらわないと困ります

高齢者のガードマンばかり雇っていますが

「不審者」を制止する気は

あるのでしょうか?

暴れる若者とかだったら確実に負けますよねw

昔、夜遅くに他の病院に

面会に行ったことがあるのですが 

その時は正面玄関で止められ

名前や住所など事細かに記載した上で

面会許可証を貰わないと面会が出来ませんでした

 

これが最低限ではないでしょうか?

 

ウトウトしながら椅子に座っている

高齢者ガードマンでは意味がありません!

「面会人」なのか「不審者」なのか

見極めてもらわないと困ります!

そりゃこんな面会人が増えますよね、、

 

www.tarosanns.com

 

自分の身を護る手段の1つとして

「刺又」の使用方法を覚えておくのは

いいのかもしれません

ですが、それよりもそんな物騒な物を

使わなくても良い環境を

整えて欲しいですね、、

 

 

終わり